King Gnuの勢喜遊さん=阿南市出身=がメンバーとして参加する音楽プロジェクト「millennium parade(ミレニアム・パレード)」が20日、新曲「Secret Ceremony」を先行配信した。27日にも新曲「No Time to Cast Anchor」を先行配信。その2曲を収録したシングルを6月1日にリリースする。

millennium parade
「Secret Ceremony/No Time to Cast Anchor」ジャケット

 今回の2曲は、動画配信サービス「Netflix」が23日から全世界配信するSFアニメ「攻殻機動隊SAC_2045」シーズン2のオープニング&エンディング曲。作品は、2045年の近未来を舞台に、主人公の全身義体サイボーグ・草薙素子ら公安9課のメンバーが、新人類「ポスト・ヒューマン」による電脳犯罪を阻止すべく戦う内容だ。

 同作のシーズン1でも主題歌の「Fly with me」を手掛けており、今回も全編英語詞で、哀愁漂う切なげな歌声とともに、ドラムとシンバルのビートに電子音を織り交ぜたような大胆なサウンドに仕上がっている。

 millennium paradeは、King Gnuの常田大希さんが主宰し、ミュージシャンだけでなく、デザイナーや映像ディレクター、イラストレーターなどのアーティストやクリエーターも含む主要11人の音楽集団。昨年末のNHK紅白歌合戦に初出場を果たした。

 勢喜さんはSNSで「Secret Ceremony」について「また傑作を生み出してしまってます。渾身(こんしん)のドラムサウンドです」。続けて「大希のイメージに寄り添うべく、シンバル類と太鼓類を同時に演奏することをやめて、別録りする手法で挑みました」とコメントした。

 常田さんは19日のSNSで、millennium paradeについて、この2曲を最後に、今年は日本でのフェス参加やライブツアーなどの活動をいったん休止することを発表している。

■millennium parade「Secret Ceremony」

配信日:2022年5月20日(金)0時

https://t.co/xuFFOln7Ad