4月、ドイツ西部のラムシュタイン米空軍基地で開かれた会合に出席したオースティン米国防長官(左から2人目)ら(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米国防総省のカービー報道官は20日の記者会見で、ロシアの侵攻を受けたウクライナの防衛を協議する2回目の関係国会合を23日にオンラインで開催すると明らかにした。「40カ国以上」の参加を見込んでいるという。

 初会合は4月26日、ドイツ西部ラムシュタイン米空軍基地で開かれ、北大西洋条約機構(NATO)の非加盟国を含む40カ国以上が参加した。オースティン国防長官は参加国による定期会合を月1回程度実施する方針を明らかにしていた。