徳島市は22日、マリンピア沖洲が建設予定地の広域ごみ処理施設整備事業について、沖洲地区の住民を対象にした説明会を同市南沖洲2の沖洲小学校体育館で開いた。同地区の住民向けの説明会は初めて。参加者からは災害対策や交通量の増加などを懸念する声が相次いだ。

 午前、午後の2部制で計61人が参加した。内藤佐和子市長は「施設整備に伴う不安を解消できるよう、皆様の意見を伺いながらしっかりと取り組みたい」とあいさつ…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。