徳島県鳴門市里浦町でなると金時の苗の植え付けが最盛期を迎えており、パッチワークのような景色が広がっている。6月中旬まで続く。

 同町では、海岸沿いの水はけがよい砂地の畑でブランド品種「里むすめ」を栽培。小型無人機ドローンで上空50メートルから眺めると、苗付けが終わった部分は緑がかった色となり、まだ終わっていない部分は畝を覆うシートの黒や白が目立っている…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。