【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は23日、新型コロナウイルス感染が疑われる発熱患者が、22日夕までの1日で新たに16万7千人超確認され、1人が死亡したと伝えた。4月末からの発熱患者の累計は281万4千人超。