ロシアが過去にPR施設として利用していた建物を改装した「ロシア戦争犯罪ハウス」=22日、スイス東部ダボス(共同)

 【ダボス共同】スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム(WEF)」の年次総会(ダボス会議)が22日、スイス東部ダボスで開幕した。約100カ国から政財界の指導者ら約2500人が集まり、ロシアのウクライナ侵攻や途上国の食料問題など、地球規模の課題について26日まで意見を交わす。

 22日夜に歓迎イベントが催され、23日から本格的な討論が始まった。ウクライナのゼレンスキー大統領がオンラインで演説し、国際社会に支援を訴える見通しだ。会議場近くにロシアの残虐行為を伝える「ロシア戦争犯罪ハウス」が設置された。

 年次総会は、2年4カ月ぶりの対面開催となった。