オーストラリア首相に就任したアルバニージー労働党党首(中央)=23日、キャンベラ(ゲッティ=共同)

 【シドニー共同】オーストラリア総選挙で勝利した労働党のアルバニージー党首は23日、首都キャンベラで首相に就任した。東京で24日行われる日米豪印4カ国の協力枠組み「クアッド」首脳会合に参加するため日本へ出発した。アルバニージー首相は訪日のため暫定内閣をつくり、副首相や外相ら一部閣僚が就任した。

 組閣後の記者会見で「気候変動などへの対応で変化をもたらすが、民主主義や友好国を尊重することは継続する」と表明。これを世界に発信する上でクアッドが「非常に重要になる」と述べた。

 中国との関係は「困難なものであり続ける」とし、早期の関係修復は難しいとの考えを示した。