Zホールディングス(ZHD)は23日、利用者情報の保護に向けた基本方針を公表した。子会社のLINE(ライン)で昨年春に個人情報閲覧問題が発覚したことを受け、プライバシーなど利用者の権利や利益を最優先に事業を運営するとの方向性を掲げた。

 ZHDは、通信アプリを手がけるLINEや、インターネットの検索サービスを運営するヤフーを傘下に持つ。

 具体策として、データの取得や第三者への提供について目的や方法を明確に説明することや、預かったデータの分析が不当な差別につながらないよう配慮することなど、五つの原則を定めた。