小松島市芝生町網干の重量制限10トンの市道橋で、制限を超える重さの路線バスが少なくとも20年前から走行していた。市民から指摘を受け、市は運行委託先の徳島バス(徳島市)に連絡。同社は橋を通過する2路線のルートを4月から変更し、臨時のバス停を設けた。現時点で橋に目立ったひび割れや崩落の兆候は確認されていない。市は本年度中に耐久検査をして、安全に橋を走行できる車両の重量を改めて調べる…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。