スターバックスのロゴマーク

 【ニューヨーク共同】米コーヒーチェーン大手スターバックスは23日、ロシア市場からの撤退を最終的に決めたと発表した。ロシアがウクライナに侵攻した後の3月初め、店舗の一時閉鎖を発表していた。

 声明で「ロシア市場でブランドは存在しなくなる」と述べた。ロイター通信によると、ロシアには2007年に進出。国内に130の店舗を持ち、約2千人を雇用している。

 今月16日には米ファストフード大手マクドナルドが、30年以上展開していたロシア市場から撤退する方針を発表していた。