23日、米国防総省で記者会見するオースティン長官(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】オースティン米国防長官は23日、バイデン大統領が台湾有事の際には米軍が介入する意向を示したことに関し、台湾政策に変更はないと強調した。米国内でも「米中戦争」に発展する可能性に波紋が広がる中、台湾有事の際の対処について明確にしない「あいまい戦略」は変えていないとの認識を示した。

 台湾を自国の一部と主張する中国は、バイデン氏の発言に強く反発。一方、台湾各紙は1面で報じ、米国の関与に期待をにじませた。米メディアも、米軍最高司令官を兼ねるバイデン氏の発言を大きく取り上げている。