公明党の石井啓一幹事長は24日、貸金業法違反罪で前公明党衆院議員の元政策秘書に有罪を言い渡した東京地裁判決を受け「誠に遺憾であり、決して許されるものではない。心から深くおわびする」とのコメントを発表した。「再発防止の徹底に党を挙げて取り組み、党所属の全議員と秘書が自らを厳しく律して信頼回復に努めていく」と強調した。