24日、韓国の次期国会議長候補に選出され所感を述べる野党「共に民主党」の金振杓議員=ソウル(共同)

 【ソウル共同】韓国の最大野党「共に民主党」は24日、次期国会議長候補に超党派の韓日議員連盟会長を務める金振杓議員を選出した。同党は国会で過半数を占め、議長選出は確実。今月10日に就任した尹錫悦大統領が日韓関係改善に強い意欲を示す中、立法府の取り組みが注目されそうだ。

 近く開かれる国会本会議で正式に選出される。金氏は財務官僚出身で当選5回のベテラン。盧武鉉政権では副首相兼財政経済相を務めた。昨年10月には「(関係改善に向けた)政治指導者たちの大胆な決断が必要だ」と述べるなど、懸案の政治解決を呼びかけている。