シャッターが下ろされたままの「知床遊覧船」の事務所=24日午後、北海道斜里町

 北海道・知床半島沖の観光船「KAZU 1(カズワン)」の沈没事故で、運航会社「知床遊覧船」が昨年の事故後、北海道運輸局に提出した改善報告書は、同運輸局の運航労務監理官が改善状況を聞き取るなどした上で、文案を作成していたことが24日、分かった。国土交通省が立憲民主党のヒアリングで明らかにした。

 同社が自発的に改善報告したのではなく、運輸局が手を貸していたとして、立民の議員は「手心を加えた形で、重大事故の入り口になったと言わざるを得ない」と批判した。