大規模な漏水があった「明治用水頭首工」周辺に積まれた土のう=24日午後、愛知県豊田市

 金子原二郎農相は24日の記者会見で、愛知県豊田市の取水施設「明治用水頭首工」の大規模漏水を受けて停止している農業用水の供給を25日にも再開すると発表した。一部の地域の農地に試験的に実施する。東海農政局は24日、川底に開いた穴の状況を調べるため、土のうを積んで水をせき止める作業を始めたと明らかにした。

 愛知県を流れる矢作川から用水路に水を取り込むための仮設ポンプを114台に増設した。取水量が増加したことに伴い、パイプラインにも水がたまったため、農地への供給再開のめどが立った。給水対象地域は豊田市や岡崎市などで、どの地域に試験給水をするかは調整している。