日本医師会の会長選への立候補を表明する松本吉郎氏=24日午後、東京都千代田区

 日本医師会(日医)の松本吉郎常任理事(67)は24日、東京都内で記者会見を開き、6月の会長選への立候補を表明した。現職の中川俊男会長(70)は23日に不出馬を発表。松本氏が、新型コロナウイルス対応など国の医療政策に大きな影響力を持つ日医の次期会長として有力との見方が広がっている。

 松本氏は埼玉県医師会所属で、2016年から日医の常任理事。会見では中川会長に関し、新型コロナ対策などで政府や与党、国民とのコミュニケーションが不足していたと指摘。「信頼を取り戻すため立候補を決意した」と述べた。