第12回ダブリン国際ピアノコンクールで1位になった黒木雪音さん(右)と2位の古海行子さん=24日、ダブリン(昭和音楽大提供)

 昭和音楽大は25日、アイルランドで開かれた第12回ダブリン国際ピアノコンクールで、同大大学院の黒木雪音さん(23)が1位に、同大大学院修了の古海行子さん(24)が2位になったと発表した。

 同コンクールで日本人の1位は初めて。決勝は現地で24日に行われた。

 黒木さんは千葉市出身、古海さんは相模原市出身。黒木さんは「ずっと支えてくれた先生方や家族らに感謝している。何と言い表していいか分からないくらい幸せ」と声を弾ませた。古海さんは「いろいろな作曲家の作品を入れたプログラムで、時に切り替えが必要だった。結果をうれしく思っている」と話した。