フォルティウス戦でストーンを投じるロコ・ソラーレの藤沢(右)=アドヴィックス常呂カーリングホール((C)JCA IDE)

 カーリングの日本選手権第4日は25日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで1次リーグが行われ、女子で北京冬季五輪銀メダルのロコ・ソラーレはフォルティウスに4―10で今大会初黒星を喫し、4勝1敗となった。第1エンドに2点スチールを許すなど、有利な後攻で計7失点した。フォルティウスは4勝2敗。

 北海道銀行は富士急に9―4で快勝し、5勝1敗とした。3月の世界選手権代表の中部電力は3勝目(2敗)を挙げた。

 男子でSC軽井沢クが岡山CAを10―2、チーム東京を6―4で下し、開幕6連勝で上位4チームによる決勝トーナメント進出を決めた。