25日、ウクライナ・ドネツク州のマリウポリで破壊された建物(タス=共同)

 25日、ウクライナ・ドネツク州で破壊された家屋の横を歩く地元住民(AP=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ国防省報道官は25日の記者会見で「ロシア軍が東部ルガンスク、ドネツク両州で激しく攻撃している」と指摘した。ルガンスク州の要衝セベロドネツク市では攻防戦が激化、ロシア側は同州の9割超を制圧したと主張しており、セベロドネツクが陥落すれば州全域が制圧されるとみられる。

 AP通信によると、ルガンスク州のガイダイ知事は「あらゆる兵器によって絶え間ない砲撃にさらされている。状況は厳しい」と述べた。ロシアが地上軍支援のため出撃させた超音速戦略爆撃機ツポレフ22M3などによる空爆も激しさを増しているという。