国際言語教育賞奨励賞を獲得した福田教諭=美馬市の江原中

 優れた英語教育を行う教師らをたたえる国際言語教育賞(英国国際教育研究所主催)で、美馬市脇町の江原中学校の英語教諭福田恵さん=同市穴吹町穴吹=が奨励賞を受賞した。生徒の社会性を高める授業を20年以上行っていることが評価された。
 
 福田さんは、教科書を読むだけの会話を重視しない授業では、英語を話す力が育たないと憂慮。英語で質問をして即座に英語で答えさせる「クイックレスポンス」という手法などで、生徒が授業に集中できるようにした。
 
 また会話文の読み方を生徒同士で互いに評価させ、学習意欲や自尊心を育んでいる。
 
 2013年、在籍していた岩倉中で研究授業を行ったところ、先進的な取り組みだと周囲から評価を受けたため、論文にまとめて応募した。
 
 福田さんは「授業に工夫を重ね、生徒の可能性を引き出せるような指導法を探し続けたい」と話している。
 
 同賞には全国から論文86点の応募があり、第1席は該当者なし。第2席の奨励賞に福田さんら2人が選ばれた。