記者会見で謝罪する岩手県釜石市の野田武則市長(右から2人目)=26日午後、釜石市役所

 岩手県釜石市は26日、住民基本台帳のデータを業務に関係なく職員間でメールでやりとりし、全市民3万人超の個人情報を漏えいしたとして、いずれも40代の総務企画部の女性係長と建設部の男性主査の2人を、住民基本台帳法違反容疑で岩手県警に告訴したと発表した。係長はデータの閲覧権限がなかった。告訴は11日付。市は26日付で2人を懲戒免職にした。

 係長は市民の保育料滞納情報などの個人情報を他の職員に漏らしていたことが分かった。市は2人以外に関与した職員がいるとみて調査する。

 市によると、2人は少なくとも2015年以降、21回にわたり業務用の名簿などを持ち出した。