徳島県内でブロッコリーの生産が大きく増えている。農林水産省の統計では2020年の収穫量は1万1300トンで、記録が残る1989年の1690トンから30年間で6倍以上になった。作付面積も185ヘクタールから955ヘクタールと5倍以上に広がっている。収穫作業時の負担が少なく、収益性も高いため、転作が進んだほか、新規就農者に選ばれているとみられる。

 県もうかるブランド推進課によると、…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。