1次リーグ、札幌国際大戦でスイープするSC軽井沢クの山口(右)=アドヴィックス常呂カーリングホール(代表撮影)

 カーリングの日本選手権第6日は27日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで1次リーグが行われ、男子はSC軽井沢クが札幌国際大との全勝対決を8―3で制し、7連勝で首位通過を決めた。札幌国際大は6勝1敗で2位突破が確定した。

 4連覇を狙うコンサドーレは北見協会に10―6で快勝して5勝2敗とし、3位で決勝トーナメントに進んだ。

 女子のフォルティウスは札幌協会に6―7で競り負けて4敗目(4勝)を喫し、規定で4位通過。1位通過を確定させていた北京冬季五輪銀メダルのロコ・ソラーレはSC軽井沢クに8―2で快勝し、7勝1敗とした。