訓練する海上自衛隊の護衛艦てるづき(手前)と米海軍の巡洋艦アンティータム(米海軍撮影・海上自衛隊提供)

 海上自衛隊は27日、米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンと関東南方の太平洋で24~26日に共同訓練をしたと発表した。レーガンは20日に拠点とする神奈川県の横須賀基地を出港し、長期航海に入っている。日本周辺では中国やロシアの活動が活発になっており、日米は今後も空母を交えた訓練を重ね、抑止力を示したい考えだ。

 海自によると、訓練には護衛艦てるづきが参加。米軍は巡洋艦アンティータムと駆逐艦ベンフォールドも加わった。対潜水艦戦などの戦術訓練に当たった。

 レーガンは長期航海に入る前、横須賀を一時的に離れ、8~16日の日程で海自と共同訓練していた。