国土交通省は27日、北海道・知床沖の観光船事故を受けた有識者会議で、水温が低い海域を航行する小型旅客船に、スライダー付きの改良型救命いかだなどの搭載を義務化する方針を示した。通信設備から携帯電話は除外するとしている。