【テヘラン共同】ロイター通信は27日までに、情報筋の話として、ロシアが運航するイラン船籍のタンカーに積まれたイラン産原油を米国がギリシャ沿岸で押収したと伝えた。イラン外務省は27日、断交している米国の利益代表部の担当官を召喚し、抗議したと発表した。

 イラン核合意の立て直しに向けた米国とイランの間接協議が行き詰まる中、新たな火種になりそうだ。

 ロイターなどによると、ギリシャ当局が4月、ロシアのウクライナ侵攻を巡るEUの対ロシア制裁の一環で、このタンカーを拿捕した。米司法省が貨物はイラン産原油だとギリシャ側に通知。原油は米国が雇った船で米国に送られるという。