29日放送『ジャンクSPORTS 豪華3時間!女子バスケ爆買い&名門校・今と昔は大違いSP』より(C)フジテレビ

 フジテレビのスポーツバラエティー『ジャンクSPORTS 豪華3時間!女子バスケ爆買い&名門校・今と昔は大違いSP』が、29日午後7時より放送される。

【別カット】「浜田のオゴリでカートに詰め放題」に出演する女子バスケ日本代表

 MCのダウンタウン・浜田雅功と各界で活躍する一流のアスリートたちとの秘話満載のトークが見どころの同番組。人気企画「浜田のオゴリでカートに詰め放題」では、東京五輪で活躍した女子バスケットボール日本代表選手らがビックカメラで最新家電を爆買いする。さらに、コストコ詰め放題には北京五輪で活躍したスケート選手らが参戦する。「スポーツ名門校SP」では、超一流アスリートを多数輩出する高校や大学のスポーツ名門校出身のアスリートがスタジオに集合。北京五輪でスノーボード金メダルに輝いた平野歩夢の母校に潜入するなど名門校の昔と今を徹底比較する。

 人気企画「浜田のオゴリでビックカメラカートに詰め放題!」には東京五輪で日本女子バスケットボール史上初となる銀メダルを獲得した日本代表のキャプテン高田真希(※高ははしごだか)、馬瓜エブリン、そしてエブリンの妹で3×3女子日本代表・馬瓜ステファニーらが登場。美容家電、調理家電、ゲーム機から高額家電までさまざまな商品をおねだりする。高額商品に関して、通常は当たりが2分の1の「くじ引きチャレンジ」に成功すると商品をゲットできるが、ここのところ浜田が連敗中とあって今回は「ウルトラチャレンジ」に挑戦してもらうことに。その「ウルトラチャレンジ」とはスリーポイントシュートを練習なしの一発で決められたら商品をゲットできるというもの。この「ウルトラチャレンジ」には東京五輪女子バスケ日本代表の宮崎早織と山本麻衣も合流しチャレンジに挑戦する。果たして選手たちは希望の商品をゲットできるのか。

 そして「浜田のオゴリでコストコカートに詰め放題!」には今年の北京五輪フィギュアスケート団体で銅メダルを獲得した樋口新葉と、スピードスケート女子団体パシュートで銀メダルを獲得した佐藤綾乃が参戦。樋口は『ジャンクSPORTS』初出演となる。そんな二人の活躍をねぎらうためにコストコでも浜田がオゴリまくる。お菓子や大人気のオーガニック商品からコストコマニアが必ず買うアイテムまでどんどんカートに詰めていく。物欲が全開する二人に対して思わず浜田のツッコみがさく裂。恒例のコストコグルメのアレンジレシピも紹介する。買い物中には金メダル獲得目前でチームメートが転倒してしまった際の佐藤の思いや芸能界最大のタブーにも迫る。果たして今回の浜田のオゴリ総額はいくらになるのか。

 「スポーツ名門校SP」ではメダリストや名選手を輩出したスポーツ名門校の寮に潜入しその強さの秘密を探る。さらに今と昔の礼儀の違いや恋愛事情にも迫る。スタジオには新潟県・開志国際高等学校出身の冨田せな(スノーボード女子ハーフパイプ)、平野海祝(スノーボード男子ハーフパイプ)、東京都・帝京大学出身の尾﨑晟也(ラグビー)、里崎智也(野球)、大阪府・近畿大学出身の古川高晴(アーチェリー)、岐阜県・岐阜第一高等学校出身の堀島行真(男子モーグル)、山梨県・山梨学院大学出身の真也加ステファン(箱根駅伝ランナー)が集結する。

 北京五輪スノーボードハーフパイプで日本人初の金メダルを獲得した平野歩夢と世界新記録となる高さ7.4メートルのエアを決めた海祝兄弟と、スノーボード女子ハーフパイプで銅メダルの冨田せな、5位入賞の冨田るき姉妹など北京五輪に4選手を送り出した新潟・開志高等学校の超本格装備がある練習場を紹介。雪がなくても練習できる豪華設備とは。もう1つのウインタースポーツ強豪校の岐阜県・岐阜第一高等学校は北京五輪日本勢第1号メダリストとなった堀島や冬季五輪日本人最年少メダリストとなった村瀬心椛らを輩出。堀島が自ら母校に潜入リポートし、学校伝統のあいさつ事情や忘れられない青春の味を紹介する。

 里崎が紹介する帝京大学・野球部の下級生にとっての地獄の鉄の掟とは。一方、尾﨑が紹介するラグビー部には真逆のルールが。陸上の超名門・山梨学院大学出身の真也加が母校に久々の里帰り。ケニアから見学のつもりで来日したはずが、そのまま30年滞在した真相を明かす。そして、東京五輪でアーチェリー個人と団体で銅メダルを獲得した古川は母校・近畿大学の魅力をリポートする。大学職員で洋弓部コーチでもある古川はどんな指導をしているのか。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。