ドイツ産のビールを選ぶ来場者=鳴門市ドイツ館

 鳴門市大麻町の市ドイツ館で20日、ドイツの食文化に親しむイベント「ドイツグルメッセ」が始まり、約2千人でにぎわった。21日まで。

 同館1階ホールで、ドイツのビール約20種類、ワイン約40種類をはじめ、ソーセージ、パンなどの食品や雑貨を販売。訪れた人は、試飲や試食をしながら好みの商品を選んでいた。なると金時を使った菓子や上勝町産の地ビールなど、徳島の特産品を紹介するコーナーも設けられた。

 大阪府泉佐野市から娘と訪れた会社員岡本恵子さん(60)は「ビールやワインの種類が豊富で楽しめた」と話していた。