フューチャーセンターが置かれる地域創生・国際交流会館=徳島大常三島キャンパス

 徳島の未来を市民とともに考える場にしようと、徳島大が開設準備を進めていた同大フューチャーセンターが24日、常三島キャンパスにオープンする。人口減少や少子高齢化といった課題解決に向け、多様な人たちが集まってアイデアを出し合い、地域活性化や商品開発、人材育成に取り組む。

 センターは同日開館する地域創生・国際交流会館(鉄筋コンクリート6階建て)の5階(約60平方メートル)に設けられる。議論の場となるフリースペースのほか、商品開発などに使えるキッチンを備え、教員1人が常駐する。

 活動の第1弾として当面、徳島市のまちづくりを考える。誰でも参加できるワークショップを開き、住民と共に景観を見直したり、新しく店を作ったりする案を出し合う。まちづくりを担う若者の育成にも力を入れ、学生や地元の高校生と連携した商品開発を行う。

 24日にセンターと会館の完成記念式典がある。会館にはセンターのほか、留学生支援の相談窓口や語学学習スペースが設けられる。