美馬小学校の完成予想図

 美馬市美馬町の全5小学校を統合し、2017年4月に開校する美馬小学校の起工式が28日、同町の美馬中学校敷地内の建設地であった。17年2月に完成する予定。

 牧田久市長や工事業者ら約60人が出席。神事に続いて、牧田市長が「統合小学校が開校すれば、この地域が建設中の美馬認定こども園と合わせて0~15歳の子どもが集まる教育エリアになる。子育て支援や教育環境の充実を進めていきたい」とあいさつした。

 新校舎は鉄筋コンクリート3階建て延べ4166平方メートルで、美馬中校舎の南側に建設される。1階に職員室や保健室、2、3階は各学年2学級の計12教室をはじめ、音楽室や図書室などを設ける。

 また、中学校の体育館南側に小学校の専用体育館を新設する。1階はスクールバスの車庫や倉庫、2階がアリーナで、延べ床面積は1823平方メートル。敷地北側にある中学校の50メートルプールは25メートルプールと、低学年向けの水深の浅いプールに改築する。総事業費は16億8264万円。