徳島県警押収 個人情報勧誘に悪用

千葉市のヤミ金融グループの男6人が貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利受領)の疑いで徳島県警に逮捕された事件で、グループが所有していた複数の名簿に約8万3千人分の個人情報が記載されていたことが30日、県警への取材でわかった。県警はグループが名簿を介して全国の顧客を勧誘していたとみて取引の実態を調べるとともに、名簿の入手先の解明も進める。