板野町川端の「道の駅いたの」が、地元の高尾山(261メートル)をPRする塩大福を商品化した。新たな観光地、土産として定着を図る。

 商品名は「徳島の高尾山へ行ってきたじょ」。大福は直径約4センチで、16個入り540円。地元食材を使おうと…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。