吉野川市などの福祉施設職員らでつくる一般社団法人・旅の栞(しおり)が7月17日、同市鴨島町のセントラルホテル鴨島で「福祉従事者 心の支援フォーラム」を開く。新型コロナウイルス禍で現場を支える福祉従事者に講演会や交流会などを通してエールを送る。

 フォーラムでは、理学療法士三好春樹さんや介護アドバイザー高口光子さん、「車椅子インフルエンサー」として活躍する中嶋涼子さんら7人が講演。参加者との交流会もある。

 福祉現場では要介護者やその家族に対する支援が多くある一方で、施設従事者へのケアは後回しにされている現状がある。榎本峰子代表(44)は「イベントを機に当事者だからこそ分かる悩みなどを共有し、支え合いたい」と参加を呼び掛けている。

 フォーラムは午前9時~午後6時。後日、動画投稿サイト「ユーチューブ」でも配信する。参加費5千円、動画視聴は3千円。交流会は別途7千円が必要。申し込み締め切りは7月8日。問い合わせは榎本代表、電話080(1991)3357。