学校での新型コロナウイルス対策として一般的になった「食事中は机を前に向けて会話を控える」との制限を緩和する動きが出始めている。全国的な感染者数の減少傾向を受けたもので、「黙食」に寂しさを感じていた児童生徒が日常の学校生活を取り戻す一歩と言えそうだ。ただ、感染への不安が払拭できていないとして二の足を踏む学校が少なくない。

 「いただきます!」。6月16日…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。