第100回全国高校野球選手権徳島大会は12日、鳴門オロナミンC球場で開幕する。31チームが、全国選手権(8月5日から17日間・甲子園球場)の出場権を懸けて熱戦を繰り広げる。

 7日に予定されていた開会式は雨の影響で中止となり、12日の第1日は1回戦2試合が行われる。開幕戦の城南対小松島西は午後0時10分に試合が始まり、第2試合の阿波対小松島は午後2時30分の開始予定となっている。

 第1試合開始前の正午から優勝旗返還式が行われる。前年に優勝した鳴門渦潮の藤井祐輔主将(18)が優勝旗を返還。県高野連の永松宜洋会長が開会を宣言した後、鳴門渦潮の藤井主将が選手宣誓をする。

 ※徳島新聞ホームページで各試合のイニングスコアと試合結果を速報します。