サッカーJ2の徳島ヴォルティスは26日、鳴門ポカリスエットスタジアムで群馬を1―0で破り、9試合ぶりの勝利を挙げた。後半32分に途中出場のバケンガが決勝点を挙げた。通算成績は5勝13分け5敗となり、勝ち点を28に伸ばした。順位は一つ上がって15位となった。

 徳島は立ち上がりからボールを保持し、ワントップ一美を起点に中央とサイドを使い分けて攻めの形をつくっ……

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。