大麻草(AP=共同)

 【ウィーン共同】国連薬物犯罪事務所(UNODC)は27日、2020年に、世界の15~64歳の人々のうち推計2億8400万人が薬物を12カ月以内に使用していたとする22年版「世界薬物報告」を発表した。最も使われている薬物は大麻で、20年は推計2億900万人が使用した。

 報告書は、新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)が量の面でも頻度の面でも大麻の使用増加の一因となったと分析。一部の国で見られる大麻の合法化は、公衆衛生に幅広い影響を与えているとみられると指摘した。

 20年のコカイン製造は1982トン。20年は推計2150万人が使用した。