上段左から和田毅投手、藤井皓哉投手、嘉弥真新也投手。下段左からグラシアル内野手、野村勇内野手、本多雄一内野守備走塁コーチ

 ソフトバンクは27日、和田毅投手、藤井皓哉投手、嘉弥真新也投手、グラシアル内野手、野村勇内野手、本多雄一内野守備走塁コーチとスタッフ2人の計8人が、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。26日に球団が行ったスクリーニング検査で選手ら5人が陽性疑いとなり、27日に1軍の選手ら関係者がPCR検査を受けた。8人以外は陰性だった。

 藤井投手と嘉弥真投手は26日の検査では陰性で、同日の日本ハム戦で登板していた。陽性者に加え、陰性だった杉山一樹投手、正木智也外野手は濃厚接触者となる可能性があり、隔離している。チーム活動は予定通り継続する。