外食売上高の増減率(前年同月比)

 日本フードサービス協会が27日発表した5月の外食売上高(全店ベース)は、前年同月に比べ20・4%増えた。増加は6カ月連続。3年ぶりに新型コロナウイルス対策の行動制限がない大型連休を迎え、客足が回復した。ただ居酒屋などは依然として苦戦が続いており、コロナ禍前の2019年5月比では4・6%減にとどまった。

 ファストフードは、ハンバーガー店などを中心に広がった宅配が好調で5・7%増。ファミリーレストランは、家族連れの来店客が回復し36・7%増えた。パブ・居酒屋は、前年同期に大都市圏で酒類提供店に対する休業要請などがあった反動で4・69倍となった。