大阪府立高の現職の男性教諭が、長時間勤務を強いられて適応障害を発症し、休職を余儀なくされたとして、府に損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は28日、請求通り約230万円の支払いを命じた。