欧州中心に多くの患者が報告されている感染症「サル痘」の感染者が国内で確認された場合、天然痘の抗ウイルス薬を投与できるようにする臨床研究が国立国際医療研究センター病院で始まったことが28日、分かった。