短い梅雨が明け、強い日差しを日傘でよける通行人=28日午前10時ごろ、徳島駅前

 気象庁は28日、四国地方と九州北部、中国、近畿、北陸の各地方が梅雨明けしたとみられると発表した。いずれの地方も1951年の統計開始以来、最も早い梅雨明けで、6月中の発表は初めて。四国地方は昨年より21日、平年より19日早く、梅雨期間は6月13日から15日間で観測史上最も短かった。

 気象庁によると、梅雨明けが早まったのは、偏西風が日本列島付近で北に蛇行し、太平洋高気圧の勢力が強まって梅雨前線を北に押し上げたためという。梅雨が続いているとみられるのは東北のみとなった。

 県内の梅雨期間の13~27日の降水量は三好市京上46・0ミリ(平年186・6ミリ)、美馬市穴吹32・5ミリ(113・9ミリ)、徳島市48・0ミリ(114・3ミリ)、阿南市蒲生田70・0ミリ(137・7ミリ)など。10観測地点で平年の25~51%にとどまった。

 28日の県内は高気圧に覆われ、8観測地点のうち、三好市京上と阿南市蒲生田を除く6地点で最高気温が30度を超えた。照り付ける日差しの下、徳島駅前では日傘を差して歩く人の姿が目立った。

 徳島地方気象台によると、今後10日間ほどはまとまった雨が降る可能性は低く、県内は29日も高気圧に覆われておおむね晴れる見込み。日中の最高気温は徳島市33度、三好市池田町33度、美波町32度と予想している。

 29日の県内は熱中症の危険性が極めて高くなるとして、環境省などは28日午後5時、「熱中症警戒アラート」を発表した。アラートは2日連続。外出をできるだけ避け、エアコンの付いた屋内などで過ごすよう呼び掛けている。