徳島商工会議所の寺内カツコ会頭(83)は、1期目の任期満了となる10月31日で会頭を退任する意向を固めた。徳島市で29日に開かれる同商議所の議員総会で表明する見通し。

 寺内会頭は徳島新聞の取材に対し、経営する寺内製作所(徳島市)を担っていた社長の靖之氏が昨年に死去し、会社経営と会頭職との両立が難しくなったほか、2期目を務めた場合、任期中に87歳を迎えるなど体力的に不安があることを理由に挙げた上で、「退任について議員総会できちんと説明したい」と話した…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。