節電のため照明が一部落とされた経産省の庁舎内=29日午前

 経済産業省

 経済産業省は厳しい暑さの影響で29日も東京電力管内を対象とした「電力需給逼迫注意報」を継続し、27日、28日に続いて夕方の時間帯を中心に節電を呼びかけた。29日午後3時から8時は太陽光発電の出力が低下することなどで特に需給が厳しい見込み。注意報に基づく節電の呼びかけは3日連続で、経産省は「3日間で一番厳しい」との認識を示した。

 経産省は不要な照明を消すなど無理のない範囲での節電を求めている。夕方の時間帯については熱中症にならないようにエアコンを適切に活用した上で「できる限りの節電」を要請している。