羽田―ソウル線が再開し、にぎわう韓国・金浦空港の出国ロビー=29日(共同)

 【ソウル共同】新型コロナウイルス禍で2020年3月から中断していた羽田―ソウル(金浦)の航空路線が29日、約2年ぶりに再開した。初便は同日午前、金浦を出発した。成田―ソウル(仁川)線よりも、各空港が両国それぞれの都心に近く、観光客やビジネス客の利便性が高い。「両国交流を象徴する路線」(韓国の元喜竜国土交通相)としての役割が期待されている。

 当面は日本航空、全日本空輸、大韓航空、アシアナ航空の日韓4社が週に計8往復運航する。韓国の国交省によると、需要状況を踏まえ、7月から便数を増やす計画という。

 尹錫悦大統領は羽田―ソウル線の再開に強い意欲を示していた。