30日の徳島県内は気温が上昇し、熱中症の危険性が極めて高くなると予測されるとして、環境省と気象庁は29日午後5時、熱中症への注意を促す「熱中症警戒アラート」を県内を対象に発表した。アラートは3日連続。外出をなるべく避け、エアコンが効く室内などで過ごすよう呼び掛けている。

 徳島地方気象台によると、30日の予想最高気温は徳島市33度、三好市池田町34度、美波町33度でいずれも30度を超える。

 環境省などは原則、運動をしないよう呼び掛けている。また、熱中症で搬送される人の半数以上が高齢者であるとして、身近な高齢者にエアコンを使うよう声掛けをすることを求めている。

 アラートには気温や湿度などから算出した「暑さ指数」を活用。重症者や死者が特に増える傾向にある指数33以上になると想定された場合、前日の午後5時と当日の午前5時に発表する。

 アラートの確認は環境省の「熱中症予防情報サイト」へ。メール配信やLINE通知への申し込みもできる。