蒲生田灯台の上空に浮かぶ天の川=28日午後10時50分ごろ、阿南市椿町(8秒間露光)

 梅雨が明けた28日午後10時50分ごろ、まちの明かりが届かない四国最東端の蒲生田岬(徳島県阿南市)から南東の空へカメラを向けた。暗闇と波の音だけに包まれた空間に、細長い帯の形をした天の川が周囲の星と共に浮かんでいた。