29日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=136円近辺で取引された。

 午後5時現在は前日比27銭円安ドル高の1ドル=136円02~04銭。ユーロは65銭円高ユーロ安の1ユーロ=143円03~07銭。

 米長期金利の先高観から日米金利差の拡大が意識され、円売りドル買いが優勢だった。

 市場では「月末を控え、輸出企業による実需の円買いドル売りが目立つ場面もあった」(外為ブローカー)との声があった。