大阪府立高の現職教諭西本武史さん(34)が長時間勤務で適応障害を発症し休職を余儀なくされたとして府に損害賠償を求めた訴訟で、請求通り約230万円の支払いを命じた28日の大阪地裁判決に関し、大阪府の吉村洋文知事は29日、控訴しないと表明した。控訴期限の7月12日に大阪地裁判決が確定する。

 吉村知事は府庁での記者会見で「控訴はしません。判決を素直に受け止めて教育委員会は教員の過重労働を軽減することに注力してもらいたい」と述べた。西本さんに対し「判決では、校長に直訴する中、具体的な対策を取らなかったと(学校側の)過失が認められた。申し訳ない」と謝罪した。