男子10キロ 16位でゴールする南出大伸=ブダペスト(共同)

 女子10キロ 力泳する蝦名愛梨(右)=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第12日は29日、ブダペストで行われ、オープンウオーター(OWS)10キロの男子で東京五輪代表の南出大伸は1時間54分28秒5で16位、野中大暉(ともに木下グループ)は29位だった。女子の蝦名愛梨(日体大)は2時間5分51秒7で21位、藤優実(三重県スポーツ協会)は40位だった。

 男子は今大会の競泳1500メートル自由形を制したグレゴリオ・パルトリニエリ(イタリア)が1時間50分56秒8で金メダル。女子は2016年リオデジャネイロ五輪女王のシャロン・ファンラウエンダール(オランダ)が2時間2分29秒2で優勝した。